専門実践教育訓練給付制度

1.専門実践教育訓練給付金学費サポート

専門実践教育訓練給付制度は働く人のキャリアアップや再就職を支援するための給付制度となります。厚生労働大臣が指定した教育訓練講座(学科)が対象となります。

東京栄養食糧専門学校【指定講座番号48150-171001-5(栄養士科)/指定講座番号48150-191001-5(管理栄養士科)】では、両科ともに「専門実践教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」となり、専門実践教育訓練給付金の支給申請が可能です。

2018年1月1日より、給付金の支給額がアップしました!
(教育訓練経費の40→50%)
対象者 雇用保険期間2年以上の在職者または離職者
(初めて給付を受ける方)
メリット半年ごとの申請・受給により学費納入にゆとりができます。
栄養士科2年制の場合
2年間で最大112万円給付
栄養士科2年制の場合
管理栄養士科4年制の場合
管理栄養士科の受給対象は本校のみです。4年間で最大224万円給付
管理栄養士科4年制の場合

私は給付制度を利用できる?
手に職をつけたいと思った方は
まずチャートで確認してみよう♪

専門実践教育訓練給付制度
対象CHECK

現在働いている

あくまで目安となりますので、必ずご自身で住民票所在地のハローワークまでお問合せください。

※ 雇用保険に一定期間(初めて申請する方は2年)加入している(していた)等、一定の条件があります。
※ 受給には入学1ヶ月以上前にハローワークの「訓練前キャリア・コンサルティング」を受ける必要があります。
※詳細については、居住所を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)にお問い合わせください。

  • オープンキャンパスに行ってみよう!
  • 資料請求してみよう!
  • オープンキャンパスに行ってみよう!
  • 資料請求してみよう!

2.教育訓練支援給付金生活費サポート

専門実践教育訓練給付金を受ける方のうち、一定の要件を満たした方が失業状態にある場合に、受講を支援するために 経費の一定割合をハローワークから受けることができる制度です。

受給に関する諸条件・手続きについては、必ず厚生労働省や公共職業安定所(ハローワーク)の資料等をご確認の上うえ、ご自身で行ってください。

対象者 45歳未満、失業保険(雇用保険)の受給資格がある方
内容 基本手当(失業保険)のうち最大80%を2ヶ月ごとに受け取りながら
卒業まで通学が可能。
メリット全日制の学校に通学するために退職しても、基本手当の一定割合額が2ヶ月ごとに支給されるので安心して通学することができます。