8月27日に本校の管理栄養士科4年生の授業「包括的計画論演習」の発表が行われました。

例年ですと関東近郊への合宿を行っていましたが、今年はコロナウイルスの影響もあり学内で行いました。

 

包括的計画論演習とは?

管理栄養士の業務である事業の企画・立案・実施・評価を総合的に実践していく時に、遭遇が予測される様々な問題を取り上げ、ワークショップ方式により解決策を見出していくもので、この際に求められる問題解決の視点や手法を理解し、これまで多岐にわたり学んできた個々の授業を繋げ、包括的に活用していくことの重要性を認識することが目的となります。

 

各々のテーマに沿ってグループ編成(14班)された学生たちが、8月27日(木)発表会を実施しました。解決策の検討のためのチームワークと相手を納得させるプレゼンテーション力を発揮、お互いのグループ発表に対し活発な意見交換があり、積極的・協調的に取り組めた有意義な時間となりました。

 

今後の学生の活躍に大いに期待が持てます!次は国家試験受験、頑張ろう!!!

 

貧困世帯の子供の食事支援及び栄養改善

児童の栄養摂取状況

フードイベントにおけるプラごみ削減活動