進路に合わせた
5つのコース

2年次より将来目指す職場を想定した専門性を高める充実の選択コース

  • 健康スポーツコース
  • 医療・福祉コース
  • 子ども・食育コース
  • 健康・美容コース
  • 食品開発コース

健康スポーツコース

スポーツに関する知識も備えた
「食」のエキスパート

スポーツと栄養の関わりについて測定機器を用いて学びます。健常な方から生活習慣病に悩む方まで、人々の「豊かな人生」=「QOL(Quality of Life)の向上」を演出すべく、将来、スポーツクラブや福利厚生施設等で活躍したい方に最適です。

予防栄養学

運動生理学、解剖生理学などの基礎と知識を復習しながら、人間の行動における運動と健康増進、栄養までカバーする授業です。

エンジョイスポーツ栄養演習

スポーツの特性に応じた献立作成や栄養サポートの手法を学び、選手のコンディショニングとパフォーマンス向上のための栄養と食事の関係を学びます。

ウエイトコントロール演習

ダイエットプランの作成などを行い健康増進に向けた指導方法を体験しながら学びます。自分自身が適正な体重管理と望ましい食生活ができるスキルを習得します。

健康管理概論

社会と健康との関係について学びます。特に健康づくりのための施策や教育について「予防」を中心に理解していきます。

ライフステージとスポーツ

ライフステージとスポーツのつながりや、生涯スポーツとして親しむ社会の実現へ向けた重要性を学びます。

将来の職場

  • コントラクトフードサービス企業
  • スポーツ施設
  • ドラッグストア
  • 健康関連企業 など

将来の職種

  • スポーツインストラクター
  • 健康運動実践指導者
  • 健康運動指導士
  • 健康管理士
  • 栄養カウンセラー

先輩の声

栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん
栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん

スポーツ栄養の分野で栄養士としての仕事を希望していたので、選択しました。「ウエイトコントロール演習」では、自分自身の体重や食事内容を事例として管理していくので、対象者の運動への意識や行動が成果として現れることを実感しました。また、スポーツの特性に応じた運動方法と献立作成を学び、実際にスポーツ選手への調理まで行うこともできるので、スポーツと栄養と食事の関係への理解が深まりました。

医療・福祉コース

医療スタッフの一員としての
知識や技術を学ぶ

病院や高齢者施設で栄養カウンセリングについての実践的な技術を学びます。
医療・福祉関連の施設において、傷病者の回復、高齢者の「豊かな人生(QOL)」の向上に「食」の面からサポートすることに興味ある方に最適です。

医療・介護福祉概論

健康とは、福祉とは何か、介護制度の理解と現状を把握し、医療と介護の専門性と連携のあり方を学びます。

チーム医療概論

患者中心の医療をチームで実践するために、各職種の役割や機能、連携のあり方、チーム構成員としての問題解決のプロセスの基礎を学びます。

食事介助・ボランティア実習

高齢者の栄養管理の基礎知識から、介護保険システム、また特別養護老人ホームの施設見学を通して、高齢者の現状を学びます。

病理学

解剖生理学の基礎知識を活かし、主な疾病の成り立ちや病態など、より深く理解していきます。

ボランティア演習

ボランティア活動の意義と課題について理解を深めます。また、食分野におけるボランティア活動の企画・調整・指導ができる授業です。

将来の職場

  • 病院・高齢者施設
  • 保健センター
  • 栄養クリニック
  • ドクターズレストラン など

将来の職種

  • 日本糖尿病療養指導士
  • 病態栄養専門師
  • NST専門療法士
  • 健康運動指導士
  • 産業栄養指導者

先輩の声

栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん
栄養士科 / 医療・福祉コース 2年 Y さん

必修教科では学びきれない介護や福祉の深いところまで実践的に知ることができると思い、このコースを選択しました。実際には、栄養士として活躍する際に、さらに知識を深めて幅を利かせる意味でも、とてもタメになると思います。将来は病院の栄養士、看護や高齢者福祉施設で働きたいと考えているので、食事介助・ボランティア実習の授業が特に好きです。

子ども・食育コース

子どもたちの未来のために
栄養管理と食育活動に携わる

健康づくりには乳幼児期からの食育が大切です。「料理が好き、子どもが好き!!」という、将来、保育園、幼稚園、小学校等で働きたいという方に最適です。

子どもの発育・発達学

乳幼児期から思春期に至る子どもの発育発達に関わり、食教育・栄養・生活習慣病予防対策や栄養ケアなどの在り方と理解を深めます。

デザイン色彩演習

基本的な食習慣は大切ですが、食環境という観点から、料理、食卓、色彩空間デザインという多角的な視野を持って学びます。

子どもの食物アレルギー演習

食物アレルギーのメカニズムや原因食品等に理解を深め、安全・安心な食事、給食を提供できるように献立作成や調理実習を行います。

食物アレルギー概論

免疫反応の基本を学び、アレルギー反応のメカニズムについての理解を深め、食物アレルギーへの対処について学びます。

食育実践論

子どもの発達段階に応じた栄養・健康について学びます。正しい知識の伝え方、好ましい食生活を身につけさせる指導力を養います。

将来の職場

  • 保育園・幼稚園・学校
  • 児童養護施設
  • 保健所
  • 保健センター など

将来の職種

  • 食育栄養インストラクター
  • チャイルドカウンセラー
  • 食育アドバイザー
  • 食育指導士
  • 健康管理士

先輩の声

栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん
栄養士科/こども・食育コース2年 M さん

保育園で働きたいと考えていたので本コースを選択しました。「子どもの発育・発達学」では、栄養素が体内ではどのように作用して影響を与えるかなど、医学の視点からも学習し、より深く学ぶことができました。また「デザイン色彩演習」では色が食事に与える効果について学び、5食の色を意識して作成した献立は、栄養価計算でもバランスの取れた食事に仕上がることを実証しました

健康・美容コース

心身共に健康で美しくあるための
食の提案・メニュー考案を学ぶ

最新の知識を修得し、体の内側から元気に「明日の健康美」をつくる食の提案・メニュー考案のできる栄養士を目指す方に最適です。

美容栄養学

体の基本的な仕組みを学び、糖質、たんぱく質、脂質などの成分がどのように体に影響を与えているかを勉強します。

サプリメント論

健康的な食生活が、体の美容につながるメカニズムをより詳しく学びます。体の仕組みと栄養素の成分が、どのように体に栄養を与えているかを学びます。

美容クッキング

健康を気遣う毎日の食生活に役立つ調理を勉強します。食材別の効果や、上手な摂取方法、組み合わせ方など健康的に美しくなるには体の中からが基本です。

美容健康論演習

美は、人に心理的・身体的な影響を与えます。美容・健康・栄養の各方面から、実践に役立つ基礎知識を学び、演習を通して必要なテクニックを学びます。

薬膳ハーブ論

「医食同源」の考えに基づき、病気の予防、改善に利用することが薬膳です。健康や美につながる薬膳・ハーブを知ることにより、内面から輝ける健康と美を目指します。

将来の職場

  • 食品製造会社
  • エステティックサロン
  • フィットネスクラブ
  • 健康食品開発会社
  • ドラッグストア など

将来の職種

  • 食育栄養コンサルタント
  • 健康管理士
  • ハーブセラピスト
  • 薬膳漢方マイスター
  • ファスティングコンサルタント など

先輩の声

栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん
栄養士科 2年M さん

「美容健康論演習」では、ハンドマッサージ、ネイルやメイク、フェイシャルエステなどを栄養士が活躍する美容や福祉などの現場でも活躍できるように、楽しみながら演習をしました。新しくできる授業も医療や美容の現場で働く先生方の経験談や症例に関する話がたくさん聞けるようです。最新の情報を得られると思うので、栄養士として現場に出たときに活用できると思います。

食品開発コース

フードビジネスの分野においてさらに一歩先を

食品産業の分野で活躍できるフードマネジメントの分野の手法、さらに栄養・嗜好・生体調節機能などを考慮した保健機能食品の開発について調理実習などを通して学びます。起業を志す方に最適です。

バーチャル店舗論

ビジネスという観点を中心に、経営および飲食店の業態決定、メニュー・店舗計画、損益などをグループワークで討議し、プレゼンテーションを行います。

オリジナル食品試作実習

世界の食文化および食の知識、加工学実習の応用、製菓の基礎と応用、調理科学も取り入れながら、より高度な実習を行います。

メニュープランニング演習

様々な目的や対象者に合わせた料理メニューを考え、栄養価のみならずテーマや企画に応じたトータルコーディネートを、演習を通して学びます。

食品成分機能論

食品成分の特性、栄養機能、生体調節機能などを理解し、疾病とのかかわりや、保健機能食品などについても学びます。

食品システム論

食糧自給率の低下や、食品の安全性の問題など、日本社会が早急に取り組むべき課題など食育を通して学びます。

将来の職場

  • 食品関連企業(商品・メニュー開発、商品企画、品質管理)
  • ダイエットレストラン
  • オーガニックカフェ など

将来の職種

  • 食生活アドバイザー
  • フードコーディネーター
  • 料理研究家
  • フードアナリスト
  • 惣菜管理士

先輩の声

栄養士科 / 健康スポーツコース 2年 S さん
栄養士科 / 食品開発コース2年N さん

商品開発に携わりたいという想いが強く、このコースを選択しました。「バーチャル店舗論」では、飲食店の経営管理の視点から、業態の決定や、店舗計画、メニュー作成、損益計算などを学び、視野が広がりました。また「メニュープランニング演習」では、自分たちのアイディアや発想を楽しく活かすことができました。このコースを選択し、より商品開発の仕事への想いがより強くなりました。。