進路に合わせた
2つのコース

2年次より将来目指す職場を想定した専門性を高める充実の選択コース

  • 医療・福祉コース
  • 健康・食育コース

医療・福祉コース

医療と協力して未病・治療に貢献する

個人及び集団のライフステージ、ライフスタイルの理解を深めます。健康・栄養状態、食行動、食環境などに関する情報を収集・分析し、栄養教育プログラムを総合的にマネジメント、臨床福祉系に強い管理栄養士を目指します。

医療・福祉コース

医療と協力して未病・治療に貢献する

個人及び集団のライフステージ、ライフスタイルの理解を深めます。健康・栄養状態、食行動、食環境などに関する情報を収集・分析し、栄養教育プログラムを総合的にマネジメント、臨床福祉系に強い管理栄養士を目指します。

臨床心理学

人々の健康に関わる「管理栄養士」として、対象となる方の心を理解するために必要な基礎知識から実践力まで身につけていきます。

食事介助実習

安全に食するために考慮された介護食の理解と、介護食の現状を学習し、献立作成と調理実習を行います。

栄養評価・管理演習

栄養評価・管理の考え方、栄養教育・指導の効果の評価、チーム医療や給食施設、公衆栄養活動など、授業の応用力の一端を担います。

高齢者福祉施設実習(選択)

高齢者における「豊かな人生」の向上と、身体活動を支える食事の重要性を福祉施設の現場で学びます。

将来の職場

  • 病院・高齢者施設
  • 保健センター
  • 栄養クリニック
  • ドクターズレストラン など

将来の職種

  • 糖尿病療養指導士
  • 病態栄養専門師
  • 健康運動指導士
  • NST専門療法士

先輩の声

管理栄養士科 / 医療・福祉コース Y さん
管理栄養士科 / 医療・福祉コース Y さん

自分の苦手分野が学べ、将来を見込んで関係性のあるコースを選びました。食事介助実習では、嚥下に問題がある人に対し、栄養面と美味しさを追求し自分達で献立をたて作り、知識も技術も身に付きました。今後は頼りになる管理栄養士になりたいです。

健康・食育コース

食育を通じて次世代を担う子ども達の成長や食事で健康保持をサポートする

スポーツにおいて、選手のより良いパフォーマンスを引き出す戦略戦術、また経営感覚の必要性も加味し、将来、現場で通用する管理栄養士を目指します。

健康・食育コース

食育を通じて次世代を担う子ども達の成長や食事で健康保持をサポートする

スポーツにおいて、選手のより良いパフォーマンスを引き出す戦略戦術、また経営感覚の必要性も加味し、将来、現場で通用する管理栄養士を目指します。

公衆栄養統計演習

情報を収集・統計し分析する力が求められます。パソコンの統計解析ソフトを用いた解析分析方法を学びます。

フードマネジメント論

食のプロとしての市場の理解、店舗開発を基礎から総合的にシュミレーションし、討論と評価を行っていきます。

スポーツ栄養演習

スポーツ選手の食事管理や栄養教育の計画、献立作成等を通し、栄養サポートの手法を学びます。

公衆栄養学実習(選択)

保健所、保健センター等の施設において、地域診断を踏まえた、保健・栄養事業の企画、実施、評価のプロセスを学びます。

将来の職場

  • コントラクトフードサービス企業
  • スポーツ施設
  • 保育園・幼稚園・学校
  • 児童養護施設 など

将来の職種

  • 健康運動指導士
  • 健康管理士
  • 食育栄養インストラクター
  • チャイルドカウンセラー など

先輩の声

管理栄養士科 / 健康・食育コース T さん
管理栄養士科 / 健康・食育コース T さん

健康やスポーツの分野に興味があったので、コースを選びました。パソコンが苦手だったのですが、公衆栄養統計演習の授業ではパソコンを使用する授業だったので、専門分野を学びながら苦手を克服しました。これまで学んだことを活かし、食を通じて社会に貢献したいと思います。